発想

両親のお陰かどうかは未だ定かではないが、見えないものが見えたり、聞こえないものが聞こえたり、想像、創造する事がずば抜けて得意。


case1.同時多発的に競合も現れたが、貿易事業のアメリカの大学グッズの販売

case2.お好み焼きの宅配事業

case3.デフレ化において、ワンコイン英会話を普及 駅ナカブームの初期段階 多くのマスコミから注目

case4.企業がなんでもアウトソースする時代の先取り実施。

case5.イエローページの電子版 このモデルで企業は上場企業になった

case6.障がい者の為の塾、ビジネススクール

case7.障がい当事者と企業を結ぶサイト

case8.3坪でチョコレートショップのブランディング テレビで注目のメニューの発案 多くのマスコミから注目

case9.自社農場と、3坪ショップで京野菜にこだわるショップ

case10.ご家族を連れて現地でお墓洗いをする会社

case11.絵本で企業、地域、商品をブランディングする

case12.日経新聞MJトップ、日経新聞本紙、プレジデントをはじめ各種雑誌媒体、テレビ各社の取材を受ける。

継続的に月1回程度日経新聞記者らと交流はおおよそ20年間継続

(発想と着手はしたが、エンジニアの問題とか時期が早すぎた事で迷宮入りになったもの)

全ての物を貸し借りできるサイト、時間で切り売りできるサイト、空いているスペースを有効に物を運ぶサービス、

移動するときに荷物を持っていくサービス、仮想通貨とポイントの間を行き来できるアプリ

つけアプリ、電気自動車、空飛ぶ車、電子タバコ、ロケットの技術をいかした、再利用できる花火大会 

ロケットにカメラを搭載させ、VRリアル体験、

継続トライ中

ボランティアをシェアするサイト

まだまだここには書ききれない程アイデアが溢れる。それは単に事業に留まるだけでなく、課題解決、問題切り抜け力、対応力と様々なシーンで生かされていく事になった。




 





お問い合わせ先

株式会社 Go To..

〒106-0031 東京都港区西麻布4丁目3−8

Go To What? Where? How? Why? with Whom?