経営者プロ

経営者時代も含めるとおおよそ1000人以上の様々な経営者と関わってきて、思う事は経営者は多種多様で複雑な生き物であるという事です。今思うにこの世界はダイバーシティな世界です。教科書通りの経営マニュアルは世の中には存在しないという事も言えます。がしかし、だからと言って、何も学ばず人のアドバイスも聞かず経営をする事は無免許で公道をいきなり走るのと同じ事です。その時の時代、業種、会社の規模感。資本の大小、どこで何を創業するか?年齢、男女、今までの家庭環境、人的、IT的ネットワーク環境など多くの定点とその場所での課題が複雑に絡みあって、前に進んでいくのです。がしかし、最小の絶対的に必要な知識、最高のパフォーマンスを集中し、効率よく、前進し続けていかなればなりません。精神的にも体力的にもタフな道である事には変わりありません。そして何よりも孤独で、常に自分と戦って勝ちにいかなればなりません。どんな時でも例え1㎝でも前へ出て、弱い自分に勝ち続けなければなりません。でも人間ですから時には負けそうになる。落ち込む事もある。いや負ける事の方が多いと思います。実際課題を相談する相手もいなくなる。相談しても、誰もそんな道を身近に通っている人がいなく、的確でなく単なる抽象的なアドバイスに終わってしまう事が多々である。そして狭い視野にいると、既に道がなくなったようにも見える。又家族にも相談できずにいる。そんな経営者が殆ど言っても言い過ぎではないでしょう。

僕なりに例えて言うとまるで盲目の長距離ランナーのようです。伴走する人は、同じ距離を走ります。一緒に完走を目指すならそれなりに練習を積まなければなりません。僕はいつも経営者に寄り添い、CCT Methodを実行する時そういうイメージを持っています。

孤独な長い戦いに挑む時、同じような経験と同じ苦労をして来た人が、伴走でいてくれればどんなに安心感があるでしょうか?経営者の気持ちに寄り添い、決してその道を侵さない。前により早く効率よく進む事だけを考え、CCT Methodを実施していく。そんなパートナーであり続けて行きたいと考えています。

(実績例)

例1 創業間もない家族役員のみの頃に自らが講師のセミナーにて彼に出会う。10年間CCT Methodを活用し、マザーズ上場、東証1部上場を達成

例2 サラリーマンをスピンアウトし、障がい者雇用に熱い思いがある事を理由にハンズオン出資を決め、中で役員として会社の成長に貢献。現在は従業員70名強の会社に成長

例3 バイオ関連会社の技術はあれど、金と売り先、売り方がわからない状態にアドバイス。現在は、世界有数のバイオ会社として成長

例4 成長ベンチャー企業の新卒から幹部採用までのコンサルティングを自ら40社以上、プラス採用コンサルティング会社の立ち上げと社長サポートを実施

例5 絵本で企業を元気にする出版会社の立ち上げと社長サポートを実施

例6 上場企業の幹部候補新卒採用を地方で実施

例7 バイオ関連のベンンチャーの経営企画で参画。

例8 教育関連の上場企業の経営企画に参画、新規事業の立ち上げ、M&Aを実施

例9 創業30年企業の上場準備室に参画 

例10 障がい者雇用コンサルティング会社の立ち上げと成長に従事

例11 上場企業の障がい者雇用特例子会社設立準備、設立、就労定着に従事

例12 上場企業の新規事業室に参画

例13 スイーツ製造販売会社設立に参画。

例14






お問い合わせ先

株式会社 Go To..

〒106-0031 東京都港区西麻布4丁目3−8

Go To What? Where? How? Why? with Whom?